費用を抑えて楽しむ!2泊3日の沖縄旅行のプランと5つのポイント

そんなに予算は掛けられないけれど、2泊3日の沖縄旅行を計画している方向けに費用を抑えながらも満足いくプランを立てる方法を紹介します。

 

沖縄旅行は飛行機ですのでなんとなく

 

高いのでは?
面倒なのでは?
なんか不安・・・
ホテルの予約も不安

 

といった気持ちがあるかもしれませんが全く心配ありません!この記事は長いですので、下記の目次で目的の位置に飛んでください。

 

目次

 

◆料金全般について
1.費用を抑えるための5つのポイント
 1-1.ツアーの方が圧倒的に安い理由
 1-2.実際に2泊3日の料金を比較してみた

 

◆体験談とオススメ観光スポット
2.管理人が実際に行った沖縄2泊3日プラン
  2‐1.1日目
  2‐2.2日目
  2‐3.3日目

 

 

費用を抑えるための5つのポイント

それではさっそく沖縄旅行で費用を抑えるためのポイントをお伝えします。ちなみに3泊4日でも料金はあまり変わりませんので変更が出来る方はそっちの方がオススメです。

 

費用を抑えるためのポイント!

 

徹底した料金比較

当たり前ですね。

 

でも怒らないで聞いてください。

 

料金比較にもポイントがありまして、基本的にはツアーの方が安いです。ツアーというと旅行会社にぼったくられるイメージがありますが、全く違います。むしろお得な特典やレンタカー付だったりと良いことだらけです。

 

飛行機とホテルを別に取る方が高くつきます。

 

ツアーは下記のサイトで「日程」と「ホテル」を選ぶだけで料金が分かりますので、色々検索して見てください。そして、どのサイトが一番安いというのは言えません。時期によって本当に違います。

 

楽天トラベル

 

JALダイナミックパッケージ

 

るるぶトラベル

 

J-TRIP

 

スカイパックツアーズ

 

ちなみに飛行機を別で取るといくらになるか、格安航空券も含めた最安値比較サイトで調べられます。

 

土日や連休などを避ける

まずは、ツアーを複数比較するわけですが、日程によって大きく値段は変わります。やはり土日や連休は高くなります。

 

3連休を避けるだけでもだいぶ変わりますので融通が利く方は避けた方が安くなります。

 

ちなみに、沖縄は5月〜10月上旬なら問題なく海に入れます。GW明けから6月中旬くらいまでが沖縄の梅雨です。梅雨の時期なら安いので運試ししてもいいかもしれません。

 

ホテルは妥協する

予算を抑えるならば、ホテルは妥協するのがオススメです。予算を押さえたい方は若い方が多いと思いますので、きっとホテルでは寝るだけでしょう。

 

ツアーではホテルを選べるので、最安値のボロいところにすればかなり料金を抑えられます。

 

飛行機の時間を不人気の時間にする

飛行機の時間を不人気時間にするとやはり料金を抑えられます。

 

体力に自信があるならば、帰りの便を20時とかにすると一気に値段が下がります。

 

19:45 沖縄(那覇) − 22:05 東京(羽田) とかで帰ってこれますので。

 

予約は早めに決める

旅行は時期や人気によって料金が決まります。早割というものがあるので、予約を後回しにすると料金は基本的に高くなります。

 

いいのがあれば早めに決めてしまうのがコツです。

ツアーの方が圧倒的に安い理由

旅行の予約をしたことがない方は、ツアーだと高くて個人予約だと安く済ませることが出来ると思っているかもしれません。

 

ですが、旅行に関しては業者を余計に挟むことになりますが、ツアーの方が安いです。単純に航空券を業者には安く提供しているからです。

 

実際に個人で格安航空券を予約しても飛行機代の往復だけで結構な料金になります。百聞は一見に如かずなので実際に格安航空券の比較サイトで最安値を検索してみてください。

 

航空券とホテルは、需給バランスによって価格が変わりますし空席や空席を出すことが一番嫌なので航空会社やホテルは旅行代理店に安い価格で卸す替わりに満席や満室を確保しているような状況なのです。なので業者を挟んだ方がお得なのです。

 

その分、旅行代理店は価格競争なども激しく生き残りは大変ですが、その分消費者からするとお得に旅行に行けるという理屈です。

格安航空券ももちろん超お得な場合もあります。それは、独自のキャンペーンや早割などの場合です。

 

ただ、そうした超格安のキャンペーン価格の航空券はキャンセルが出来ない、あるいはキャンセル料が掛かります。

 

ただ、ツアーはお得なのは分かるけどスケジュールに自由がないのでは?という疑問があると思います。

 

その点も全く問題ないです。最近の流行りですが、ダイナミックパッケージという飛行機の時間とホテルを自由に選択出来る、自由度が高いツアーがあります。

 

実際に2泊3日の料金を比較してみた

旅行日程や予約をするタイミングによって異なるのでどこが安いか一概には言えないとすでに書きましたが、実際どうなのかを手軽に知りたいと思いますので、実際に同じ条件で予約した場合の「料金」「ホテルのグレード」「航空会社」などを比較しました。

 

ここでは、2017年7月5日時点の予約可能なもので旅行日程は「2017年9月8(金)〜10日(日)の2泊3日」、東京―那覇でサイトごとの比較をしてみましたので参考にしてください。

 

※この比較は長くなりますので、別にいいやという方は体験談の項目に移動してください!

 

◆体験談とオススメ観光スポット
2.管理人が実際に行ったプランについて
 2‐1.6月に行った沖縄2泊3日プラン
  2‐1‐1.1日目
  2‐1‐2.2日目
  2‐1‐3.3日目

 

それでは、比較に戻ります。

 

◆条件
・旅行日程は、2017年9月8(金)〜10日(日)の2泊3日
・大人3名での予約
・2017年7月5日時点の予約空き状況の最安値
・出発地は東京
・那覇市内のホテルに連泊
・行きの東京発は8時半前後、帰りの那覇発は18時半前後
・ホテルは最安値プランを選択

 

るるぶトラベル


◆一人当たり料金: \37,800 ※料金画像
◆宿泊先:ホテルサン・コ〜ラル  (グレード:★☆☆)
◆食事:なし
◆航空会社:JAL
◆行き:9/8(金)  (羽田) 08:25発→(那覇)11:00着
◆帰り:9/10(日) (那覇) 18:35発→(羽田)20:55着

 

◆コメント:今回の条件では、るるぶトラベルが一番安くなりました。飛行機はJALですが、ホテルのグレードは最安値でかなり安価なところが抑えられたというのが要因です。もちろんプラス数千円払ってホテルのグレードを上げて予約することもできます。

 

 

JALダイナミックパッケージ

◆一人当たり料金: \42,600  ※料金画像
◆宿泊先:スマイルホテル那覇シティリゾート  (グレード:★★☆)
◆食事:なし
◆航空会社:JAL
◆行き:9/8(金)  (羽田) 08:25発→(那覇)11:00着
◆帰り:9/10(日) (那覇) 18:35発→(羽田)20:55着

 

◆コメント:JALのツアーと聞くだけで先入観でかなり高いイメーシがあると思いますが、当然飛行機はJALですしホテルのグレードの高さ、そして金額面を考えると実は一番オススメなのはJALです。サービスは間違いないですし、ホテルの選択肢も普通に多いです、
1000円でも安く行きたいという場合以外にはJALのダイナミックパッケージツアーが一番オススメです。

 

 

スカイパックツアーズ

◆一人当たり料金: \47,800  ※料金画像
◆宿泊先:那覇グランドホテル (グレード:★☆☆)
◆食事:なし
◆航空会社:スカイマーク
◆行き:9/8(金)  (羽田)08:40発→(那覇)11:30着
◆帰り:9/10(日) (那覇)17:05発→(羽田)19:35着

 

◆コメント:スカイマークが運営しているということでかなり格安プランがあるのかと思いきやそうでもないのが印象です。何度か検索してみましたがコスパでは他のサイトには正直負けているという印象です。他のサイトで予約が空いていない場合などに予備として利用する感じでしょう。

 

 

楽天トラベル

◆一人当たり料金: \57,100 ※料金画像
◆宿泊先:ザ・ナハテラス (グレード:★★★)
◆食事:なし
◆航空会社:JAL
◆行き:9/8(金)  (羽田)08:25発→(那覇)11:00着
◆帰り:9/10(日) (那覇)18:35発→(羽田)20:55着

 

◆コメント:今回の条件では一番割高になりましたが、その分ホテルのグレードはかなり良いです。そう考えるとコスパは良いです。時期によって安めのホテルの空きがないことはどのサイトでも言えますので選択肢は複数あると良いです。個人的には楽天トラベルは飛行機もJALとANAから選べ、ホテルも選択肢が広くオススメです。

 

 

 

以上がダイナミックパッケージサイトの比較です。

 

見てわかると思うのが、

 

ホテルのグレード

ホテルの空き状況

 

次第ということです。

 

ですので、各サイトの絶対的な安さを判断している比較表ではないことをご了承ください。

 

ただ、コスパや予約した際の空き状況などを考えると

 

JALダイナミックパッケージ もしくは るるぶトラベル が個人的にはオススメです。

 

ダイナミックパッケージの注意点はただ、飛行機の時間やホテルの空きもそれほど多い枠が確保されているわけではないので、決断できずにいるとその間に予約が埋まってしまうということが多々あります。逆にキャンセルで空くということもありますが・・・

 

いいプランが見つかったら早めに確保することをオススメします。

 

今回の比較ではレンタカーの予約はしていませんが、レンタカーを借りることをオススメします。ダイナミックパッケージでは、オプションで追加出来ますし料金的にもプラス1〜1万5000円程度ですので人数で割れば安いものです。また、ガソリン満タン返し不要などの特典が付く場合もあります。

 

レンタカーの空きがなかった場合やレンタカー料金も徹底比較して最安値にこだわりたい場合には下記がオススメです。50社から比較できるスカイチケットレンタカーというサイトがあります。

 

スカイチケットレンタカー

 

スカイチケットレンタカー

 

スカイチケットレンタカー

管理人が実際に行った沖縄2泊3日プラン

管理人が実際に2泊3日で行った沖縄旅行の体験談を紹介します。年に2回程度は沖縄旅行に行っていますので沖縄は慣れたものですがそれでも飽きが来ませんし、また来たいと思えます。

 

また、管理人は東京に住んでいますので飛行機は基本的に東京の羽田空港を使います。ジェットスターを使っての成田空港で行ったことも何度かありますが、搭乗口までバスで行ったりと面倒なのでダイナミックパッケージで予約しJALやANAを安く行くことをお勧めします。

 

個人の旅行体験記なので、好みは偏っているかもしれませんがご了承ください。

 

今回ご紹介するのは、沖縄北部を中心に楽しんだプランです。

 

計画概要

1日目

・お昼前に那覇空港到着
・アウトレットモールあしびなー
・ランチは沖縄そば
・宿にチェックイン(瀬底島)
・瀬底島散策
・「Foo Cafe」へ
・宿にて食事
・民謡居酒屋「本部屋」

2日目

・宿チェックアウト(連泊せず)
・水納島で一日遊ぶ(離島)
・カフェ「こくう」へ
・宿にチェックイン
・あぐー豚しゃぶしゃぶ

3日目

・宿チェックアウト
・宿の近くのビーチで遊ぶ
・許田の道の駅にて買い物
・道の駅 豊崎にて買い物

 

 

 

1日目

8:30 空港出発
11:15 那覇空港到着
11:30

レンタカーを借りる

12:00 アウトレットモール「あしびなー」にて、簡単な買い物  
13:30

沖縄そば屋の「すーまぬめえ」 にて食事

ソーキそばは、スペアリブ

15:30 「瀬底島」の宿泊先に到着 〜 瀬底ビーチ散策
17:30

「Foo Cafe」にてくつろぐ

 

          

 

 

18:30

瀬底ビーチにて夕日を見る

19:30 宿にて夕食
21:00 居酒屋「本部屋」ライブも聞けて、沖縄を堪能。
24:00 就寝

 

 

2泊3日の場合には、午前中の早めに出発することは必須でしょう。時間も限られていますからね。

 

レンタカーもできれば借りた方がいいです。

 

あしびなー

レンタカーを借りた場所の近くにアウトレットモールあしびなーがあるので、買い忘れたものを買ったり、とりあえず寄ってみるのも良いと思います。

 

⇒ あしびなー公式サイト

 

あしびなーで軽くふらついたら、沖縄そばを食べました。このときにあしびなーのスタッフさんに現地の人が行くオススメの沖縄そば屋さんを聞いて知ったのが、すーまぬめぇです。

 

すーまぬめぇ

⇒ すーまぬめぇ (食べログ)

 

当時は、あまり知られていなかったようなのですがネットの影響は恐ろしく今や食べログトップ5000に入ってしまいました(^^;

 

うれしいような悲しいような・・・

 

内緒にしておきたかったお店でしたので。。。

 

ちなみに沖縄そばとソーキそばの違いですが、トッピングの肉の違いです、ソーキは骨付きの豚のあばら肉のことなのでそれが乗っています。たったこれだけの違いだけなんです^^

 

今回の旅は、沖縄北部を2泊3日で楽しむプランなので、沖縄そばの後は沖縄北部の瀬底島の宿に向いチェックインしました。

 

瀬底島地図

ゲストハウスALOALO

 

地図で見ればわかると思いますが、かなり北上します。

 

今回泊まったのは、ゲストハウスALOALO

 

料金面重視で選んだのですが、コスパは抜群でしたね!サービスが良かったです^^

 

オーナーさんの人柄が良かったです!シュノーケリングの体験もできるので興味のある方は良いと思います。

 

瀬底島地図

さて、宿についたら瀬底ビーチの散策と「Foo Cafe」でのくつろぎです、

 

瀬底島と瀬底ビーチは体験談を書いていますが、かなり綺麗な海です^^

 

瀬底島(せそこじま)の体験談

 

次の日にがっつりと海に入る予定があったのでここでは、海はほどほどにして「Foo Cafe」に行きました。

 

⇒ Foo Cafe(食べログ)

 

Foo Cafe

Foo Cafe

 

Foo Cafeの体験談

 

 

沖縄居酒屋でのライブ演奏はこんな感じです。沖縄を感じられるのでかなりオススメです。

 

 

2日目

8:00 朝食
9:20

フェリー乗り場到着

10:00

水納島フェリー発
 
 

10:20

「水納島」(みんなじま)到着

 

水中カメラ、ビール、氷を事前に買って持ち込むのがオススメです。シュノーケリングもシュノーケルと浮き輪で出来るから是非トライしてみて下さい
 

 
 

16:00 水納島からフェリー出発
16:20
17:00

カフェ「こくう」にてまったり

18:30 宿泊先風来荘」着
20:00

沖縄の豚「あぐー豚」のしゃぶしゃぶ店にて食事。

 

飲酒をしたので運転代行を呼んでもらい、宿に戻る。

24:00 就寝

 

 

3日目

8:30

朝食

10:00 チェックアウト
10:15

風来荘近辺のビーチにて少しくつろぐ。

 

12:00 許田の道の駅にて買い物
14:00 道の駅 豊崎にて買い物
15:00 レンタカー返却
16:30 那覇発

 

3泊4日モデルプランも参考にしてください。

沖縄旅行に格安で行く方法

沖縄旅行に格安で行く方法は旅行の時期や宿泊日数によって異なります。

短期ならツアーかダイナミックパッケージ

長期なら格安航空券と宿の組合せ


これらの理由や詳細については、損しないで沖縄旅行に行く方法はコチラにて解説しています。