沖縄県立博物館の体験談

沖縄の那覇中心地からゆいれーるで北上し、那覇の新都心であるおもろまち駅で下車し、西へ向かったところに沖縄県立博物館があります。
この博物館はまだ新しい建物で、全体が白を基調とした色使いで、沖縄のグスクを連想させる建物となっています。広々としている空間には、他では見られない不思議なものが展示されていますので、一度見ていきたいスポットになります。

 

施設に入ると中庭に沖縄の昔ながらの民家の復元された姿があります。沖縄の那覇空港へ飛行機でやってきてから、見るのは近代的な風景が多くなっているのですが、本来の沖縄はこんな原風景だろうと思わせる展示です。

 

博物館の内部へ入ると、非常に高い天井で開放的な施設となっていることがわかりますが、床面はガラス張りになっていて、中では沖縄の美しい海底の様子を再現しているようです。ここで入場チケットを購入して、いよいよ沖縄の不思議を知る見学の始まりです。

 

沖縄の歴史と民俗と自然をテーマに、さまざまな角度から沖縄を研究する展示が続きます。沖縄独特なグスクの地形を再現した模型や港川人の骨格など、興味深いものがいろいろ展示されています。

 

最も注目なのは沖縄の各地で出土している線刻石版(沖縄のロゼッタストーン)でしょう。石版には建物や動物、それに文字らしきものがびっしりと刻まれているのですが、現在のところどんな意味を持っているのかは全く不明です。沖縄県内では同様の石版が13点がみつかっているとのことで、琉球王朝以前のなんらかの情報が刻まれているものと考えられます。

 

沖縄の古代からの歴史についてはなかなか知る機会がないでしょう。沖縄県立博物館の展示を見ることによって得られる知識は、他では得難いものがあります。

沖縄旅行に格安で行く方法

沖縄旅行に格安で行く方法は旅行の時期や宿泊日数によって異なります。

短期ならツアーかダイナミックパッケージ

長期なら格安航空券と宿の組合せ


これらの理由や詳細については、損しないで沖縄旅行に行く方法はコチラにて解説しています。