琉球ガラス村

琉球ガラス村は、何と言っても琉球ガラス造りの体験が売りです。
もちろん、琉球ガラスはじめとした、沖縄土産販売も行っています。それ以外にもレストラン、泡盛の専門店も設置されています。

 

歴史的建造物よりお手軽に、沖縄の文化的な部分を感じることが出来る場所です。
子どもでも楽しめる、海以外の場所だと思います。

 

琉球ガラス村の体験は、お手軽な体験です。勝手な想像では、陶芸造りのように何時間も体験するものと思い込んでいましたが、体験時間は、30分ほどです。しかも、自分が体験する時間は、5分程です。それでも、自作の琉球ガラスが作れるので、いい思い出になると思います。私が行ったときには、一人あたり二つ作って、合計4つ作っていたカップルもいましたよ。

 

体験する内容は二点。
@ガラスを膨らます
Aグラスの飲み口を整える

 

@ガラスを膨らます
ですが、職人さんが用意してくれた熱々のガラスを型枠にセットし、息を送り混んで、グラスの大枠を作る作業です。息は、多少強めに吹いても大丈夫です。

 

Aグラスの飲み口を整える
息を送り混んだガラスの飲み口を整えます。長いトングのようなもので、グラスの内側から広げて、いびつな形にならないように丸く整えます。
ここで、センスの差がつくかもしれませんね(笑)

 

以上で終わりです。作った琉球ガラスは、3日間冷ましてそれから受け取りか、発送してもらいます。(発送は、1000円かかりますが、他のお土産と合わせて送れますし、割れ物の保証付き。また、どれだけ送っても1000円なのでお徳ですし、お土産を先に買ってしまって送れば、荷物が少なくて済みます。)

 

体験としては、簡単なものですが沖縄という場所柄、海をメインであることを考えるとちょうど良いかなとも思います。

 

また、お土産コーナーも豊富ですし、琉球ガラス体験をした方には、割引券がついてきて、これが大きい!
1000円でどれだけでもお土産を送ることができますので、便利ですし、割れ物の保証もついてるし、また、梱包も丁寧でした。到着も遅いのかと思ったら、恐らく翌日に届いていてビックリしました。(琉球ガラス体験のグラスとお土産を発送してもらいました。琉球ガラスの冷却3日間の翌日には届いてました。届いたときに絶対、体験で作ったガラスを忘れてるんだろうと思いましたが、入っていてビックリ。早かったです。)

 

 

沖縄旅行に格安で行く方法

沖縄旅行に格安で行く方法は旅行の時期や宿泊日数によって異なります。

短期ならツアーかダイナミックパッケージ

長期なら格安航空券と宿の組合せ


これらの理由や詳細については、損しないで沖縄旅行に行く方法はコチラにて解説しています。