瀬長島のホテルや体験談など

「楽しい、美味しい!」が凝縮された島、瀬長島

 

ホテルからほど近くにある、平成27年にできたばかりの「瀬長島ウミカジテラス」は観光ガイドブックもイチ押しのアイランドリゾート地でとても楽しみにしていました。

 

一日目は観光が終わってから、夜九時頃に瀬長島に到着したので、お店はほとんど閉まっていました。ホテルに向かう途中にウミカジテラスの横を通るのですが、イタリアをイメージするような白を貴重とした町並みが丘の斜面に広がっていて、景色がきれいでとてもロマンチックでした。

 

ウミカジテラスには沖縄ならではの飲食店やレストランが集まっていて、ホテルでもらったパンフレットを参考に夕食は「焼肉 勝」でいただきました。中でもお店おすすめのブランド黒毛和牛「伊江牛」が、新鮮で上品な脂がのっていてとても美味しかったです。他にもあぐー豚のロースや、バラなど沖縄を堪能できるメニューが揃っていて、個室でゆっくり味わうことができて大満足でした。

 

今回瀬長島には二泊しましたが、ウミカジテラスは土日祝日の方が賑わい、雰囲気の盛り上がりをさらに楽しめると思います。

 

後は瀬長島ホテル内にある温泉施設「龍神の湯」はとても人気で、夜の遅い時間でも結構混んでいました。日帰りでも入浴可能なので、ここはおすすめです。

 

龍神の湯は瀬長島の地下1000メートルから湧き出る天然温泉で、種類豊富な露天風呂は全て天然温泉でできていて黒く濁っているので、温泉の感触を肌と目でしっかりと味わうことができます。

 

特に珍しくて楽しめたのは露天の「立ち湯」で、きれいな星空や夜景を眺めることができるのですが、立ち湯の足元には砂利が敷き詰められていて、あしつぼを刺激することができてとても気持ちが良かったです。湯温も熱すぎず、ぬるすぎず、非常にちょうど良く、特に景色がよく見える場所は絶えず人がいて競争率が高かったので、わたしも頃合いを見計らって入ることができた時はとても嬉しかったです。

 

サウナも三種類あって、温泉に行くのが趣味である私も楽しむことができました。
このように、瀬長島の中には色々な楽しいものが凝縮されていて、空港から近くアクセスが便利なので、観光中の空き時間を見つけてぜひ立ち寄ってみて下さい。

沖縄旅行に格安で行く方法

沖縄旅行に格安で行く方法は旅行の時期や宿泊日数によって異なります。

短期ならツアーかダイナミックパッケージ

長期なら格安航空券と宿の組合せ


これらの理由や詳細については、損しないで沖縄旅行に行く方法はコチラにて解説しています。