久米島のホテルと体験談

会社の同期の友人と一緒に久米島へ2泊3日の旅行に行きました。女性2人旅ですし、よく一緒に旅をしてますので気ごころもしれており楽しく過ごせました。5月の沖縄が梅雨明けするかどうかぎりぎりの頃の旅行でしたのでお天気がかなり心配でした。

 

那覇空港経由で小さい飛行機に乗り換えていざ、久米島へ。2泊ですし、冬でもなかったのでそれほど荷物は多くありませんでした。チェックインカウンターで荷物の重さを図るのは当たり前ですが、その際、係の方が体重も測りますと言われて最初は冗談だと思っていましたら、荷物の後同じところに乗ってくださいと言われて本当に体重を測りました。

 

海外でも小さい飛行機にはよく乗りますが、今までの人生の中で後にも先にも荷物と一緒に体重を図ったのは一度きりでした。久米島に着くと、飛行機からは階段でおり、通常ならバスでターミナルビルまで移動になりますが、小さい空港なので徒歩にて移動。荷物もベルトコンベヤーのようなもので階段部分を上がっていくのが見えました。雨の日はどうするんだろう?とちょっと不安に思いました。

 

空港からはホテルの送迎車で送ってもらいました。リゾートホテルに宿泊しました。リゾートと言っても田舎なので豪華さはありませんが、清潔感はありましたので、全く問題ありませんでした。食事も普通においしくいただきました。翌日ははての浜1日ツアーに参加予定でした。ただ、天気があいにくの曇り空で小雨も降っていたのでミートの際にツアー会社の方がこの天気だと、行っても楽しめないと言われたので、仕方なくグラスボートツアーに変更しました。

 

現地の方は水が濁っているとおっしゃってましたが、本島の人間から見れば十分きれいなサンゴ礁や熱帯魚はたくさん見れましたのでそれなりに楽しめました。翌最終日は曇りでしたが雨はやんでいたのでホテルのプールでちょっとリゾート気分を味わいました。水に入るとまだ肌寒いですがプールサイドでは十分な紫外線があったようで真っ黒になってしましました。

沖縄旅行に格安で行く方法

沖縄旅行に格安で行く方法は旅行の時期や宿泊日数によって異なります。

短期ならツアーかダイナミックパッケージ

長期なら格安航空券と宿の組合せ


これらの理由や詳細については、損しないで沖縄旅行に行く方法はコチラにて解説しています。