沖縄旅行のポイントは!?持ち物と注意点なども含めて解説

沖縄旅行持ち物

沖縄旅行が初めての方のために沖縄の見どころや準備物と注意点などを含めて自分自身の備忘録も兼ねて書いておきます。

 

見どころと言えば何といっても海と世界遺産などの歴史的建造物などですね。

 

また、沖縄はまるで海外かのような気候や環境ですし、飛行機にも乗りますので慣れない場合には不便な思いをする可能性もあります。是非参考にしてください。

 

目次
1.沖縄の見どころについて
 1‐1.
 1‐2.体験
 1‐3・観光スポット

 

2.持ち物と注意点について
 2‐1.持ち物
 2‐2.注意点

 

 

 

沖縄の見どころについて

沖縄の見どころと言えば何といっても青く透き通った海ですね。

 

さらに、その綺麗な自然で体験できるアクティビティも豊富にあります。意外とハードルが低いので是非沖縄をきっかけに楽しんでほしいです。

 

そして、海以外にも様々なな観光スポットがありますし9つの世界遺産があります。

 

ここでは、「海」「アクティビティ」「観光スポット」という視点で紹介していきます。

 

沖縄と言えば何といっても海ですね。せっかくなので綺麗な海を見たいですよね?

 

ならば北部や離島に行くことをオススメします。

 

瀬底ビーチや古宇利島などが個人的にはオススメです。

 

※瀬底ビーチ
【必見!】沖縄旅行の持ち物や独特だからこそ注意すべきポイントを紹介!

 

※古宇利島

沖縄

沖縄

沖縄

 

下記の記事も参考にしてください。

 

⇒ 沖縄県の離島について

 

体験

沖縄でできる体験としては、「シュノーケル」「ダイビング」「シーカヤック」などがあります。

 

個人的にはシュノーケルがオススメです。

 

※シュノーケル

沖縄

 

※シーカヤック

沖縄

 

観光スポット

観光スポットも様々ありますが、北部に集中しています。

 

また、世界遺産も9つと多くあります。

 

個人的には、首里城がオススメですね。

 

【必見!】沖縄旅行の持ち物や独特だからこそ注意すべきポイントを紹介!

 

 

持ち物と注意点について

沖縄旅行の持ち物と注意点について書いていきます。

 

話はそれますが・・・ ミスチル好きの管理人は沖縄に行くと思い出す歌があります。下記のyoutubeの曲なのですが、ミスチルの中ではカプリング曲でマイナーな曲ながらファンの間では人気のある曲です。

 

是非、一度聴いてみてください病みつきになるかもしれません。

 

1999年夏、沖縄/Mr.children

 

出だしの歌詞

僕が初めて冲縄にいった時
何となく物悲しく思えたのは
それがまるで日本の縮図であるかのように
アメリカに囲まれていたからです

 

この歌詞にもあるように沖縄はアメリカ軍の基地のエリアが非常に多く、アメリカ兵も実際多くいます。米軍の割り込みには気を付けましょう。事故の元です。

 

そのあたりも含めて解説していきますので必読です。

 

持ち物

沖縄旅行に必要な持ち物を書いていきます。

 

人によっては不要と思うものもあるかもしれませんが、参考程度に考えて頂ければと思います。

 

沖縄旅行に必須の持ち物

日焼け止め
サングラス
ビーチサンダル
帽子
保険証
吸殻入れ(喫煙する方)
タオル類
マスク・上着(飛行機では必須とも言えます)

 

※日差しが強いので日焼け止めやサングラス、帽子は必ず持っていきましょう。

 

あると良い持ち物や旅行の計画によって必要な物

水着
Tシャツ(海水浴用)
ゴーグル(水中メガネ)もしくはシュノーケル
靴下(水中用の) ※サンゴで痛い場所もあります
防水カメラ
虫除けスプレー
ムヒなどのかゆみ止め ※沖縄は年中蚊がいます
酔い止め薬
クレジットカード
ETCカード(レンタカーを借りる場合)
雨具

 

レンタカー借りる場合には、ETCカードを忘れないようにしましょう。。高速は頻繁に使います。沖縄旅行に限らずですが、飛行機はエアコンがキツかったり乾燥するのでマスクや上着もあった方がいいですね。

 

個人的には、ヘパリーゼの錠剤がマストアイテムです。ドリンクタイプより効きますし、今ならキャンペーン中です。

 

⇒ ヘパリーゼキャンペーンはこちら

 

ヘパリーゼ 錠剤 キャンペーン

 

注意点に続きます・・・↓↓

沖縄旅行の注意点

 

 

注意点

・車のナンバーでひらがなのところがアルファベットなのは米軍です。割り込み注意

 

・那覇市内、特に空港近くは渋滞するのでレンタカー返却時は注意!

 

・8月は、本当に暑い!熱くてヤケドするので海水浴には適しません!

 

・日焼け止め等の対策は必須!

 

・海に入る時もTシャツを着るなどしないと熱中症になる可能性が高いです!

 

・海の危険生物にも注意、管理人は知らずに危機一髪の経験あり!

 

・突然の雨も多いので雨具の準備もお忘れなく!

 

・県外へ持ち出せないものや持ち込めないものが一部あります!

 

・ひめゆりの塔は遊び半分では行かない
※本当に危ないらしいです。

 

 

上記を参考にして沖縄旅行を楽しんでください。

 

 

↓こんな記事も読まれています。

 

管理人が体験したおすすめプラン

2泊3日のオススメプラン

3泊4日のオススメプラン

 

管理人が宿泊したおすすめホテルや行きたいホテル

沖縄南部のおすすめホテル

沖縄中部のおすすめホテル

沖縄北部のおすすめホテル

 

管理人が行ったおすすめ飲食店行きたい飲食店

沖縄南部のオススメ飲食店

沖縄中部のオススメ飲食店

沖縄北部のオススメ飲食店

 

管理人がすすめる沖縄に格安で安く行く方法

沖縄旅行に格安で安く行く方法

 

 

 

沖縄旅行に格安で行く方法

沖縄旅行に格安で行く方法は旅行の時期や宿泊日数によって異なります。

短期ならツアーかダイナミックパッケージ

長期なら格安航空券と宿の組合せ


これらの理由や詳細については、損しないで沖縄旅行に行く方法はコチラにて解説しています。